大人になると、冠婚葬祭などで挨拶をすることが増えます。しっかりとした決まったマナーがあります。

冠婚葬祭の挨拶で大切なこと

冠婚葬祭などでの決まった挨拶についてです。

社会人になってから、友人や同僚などの結婚式に参列しました。
そういったときに、友人や同僚の家族にあいます。
身内の方にたいして、友人の結婚のお祝いの言葉をいいます。
すると、友人の身内の方はすごく喜ばれます。
こういったときにかける言葉も初めてでは、なかなかいえなかったりします。
結婚式など、とても特別な場所で特別な雰囲気なので、間違ったことを言ってしまったりしてしまったらどうしようと、参列者側も緊張します。
その緊張も、マナーをしっておくとやわらぎます。
そして、なんどか結婚式にでてみて慣れることですね。挨拶もしっかりとしたマナーです。
冠婚葬祭では、しっかりと覚えておきたいですね。親族の結婚式に出たときも、わたしの両親と姉の両親が話していました。

親戚の姉が結婚するのです。
姉のご両親はすごく緊張されていました。
いままで、数々の知り合いの結婚式には出ているが今回は身内として参列するのは初めてです。
沢山の方から、お祝いの挨拶をいただきます。
そして、初めて会う方もいます。
お婿さんの親戚や同僚の方や上司のかたです。
とても緊張しますよね。こういったときの挨拶やお礼の言葉もしっかりとしっておきたいですね。
でも、一番は気持ちで伝わると思います。
わたしも、父や母の振る舞いや挨拶を聞いていて、結婚式での挨拶やマナーをしりました。
とても参考になりました。
そして、結婚式での親族代表としての挨拶も父がしていました。
かっこよかったです。
やはり、しっかりとしたスピーチは素晴らしいです。