冠婚葬祭の挨拶は、頭を悩ませるものです。特にお悔やみの言葉を言うときは、失礼があってはいけません。

冠婚葬祭の挨拶で大切なこと

冠婚葬祭でお悔やみの挨拶をするとき

冠婚葬祭で挨拶を任せられると、気が重くなってしまいます。
わたしは人前で話すのが苦手なのもあり、さらにお悔やみなど、難しいマナーがたくさんある場合には余計緊張してしまうのです。
一般的なものとしては「このたびは御愁傷様です」という言葉があります。
わたしもお葬式などに出席する際、どのような言葉をかけていいか分からず、祖母に聞いてみたら「はっきりとハキハキ言葉を言う必要はないんだよ。それよりも態度が大切だから、相手を思いやって静かにお焼香をさせてもらえばそれでいいんだよ」と教えてもらいました。
「突然のことでしたね」「どうか気を落とされないように」など、ありきたりな言葉ですが、心を込めて贈ればそれでいいのです。

それでも大人ですから、多少はきちんとした言葉を使いたいものです。
ネットで調べてみると「ご焼香を上げさせていただこうと思いまして」「お参りさせていただきます」「お香典をお供えして下さい」などと言えばいいことが分かりました。
お葬式に出られないときは、「このような用件で、おうかがいできません。帰ったらあらためてお参りさせてください」「失礼をお許しください」などの言葉を添えるとていねいです。
訃報を知らずに、遅れてしまった時は、お悔やみの手紙を出すのがマナーだそうです。
そのあとで弔問することも可能です。
「不幸を知るのが遅れまして、お葬式に参列できませんでした」など、一言添えてからお線香をあげさせてもらいましょう。

新着おすすめ